実践!Fusion360でリングをつくってみよう 2019年3月13日

実践!Fusion360でリングをつくってみよう 

講師:「可変金物」金属造形作家:坪島悠貴さん

【勉強会詳細】
日時:3月13日(水) 19:00~20:30(受付開始18:30~)
場所:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室A(表参道徒歩7分)
http://bit.ly/2E7WOfC
勉強会参加費:1,500円(Peatixで前払い、キャンセルの場合コンビニ払いはキャンセル料がかかります)
定員:15名(頑張れば20名)
懇親会:4,000円お支払は当日現金で。

懇親会のお申込みはPeatixでチェックしてください。
懇親会キャンセルは3日前までに必ずご連絡ください。(当日キャンセルは代金をいただきます)

参加対象:ジュエリー等のプロフェッショナル、あるいはプロを目指す方
申込〆切:3月10日(日)PM22:00
申込み方法:下記Peatixからお申込みください。勉強会代前払。
実践!Fusion360でリングをつくってみよう参加申込み こちらクリック 

坪島悠貴 Yuki tsuboshima 「可変狛禽」

坪島悠貴 「可変狛禽」 ↓↑ トランスフォームして、別の生き物に (Fusion360を使ってデータ制作)

坪島悠貴 「可変狛禽」

Fusion360は、非常オープンな3D CAD/CAM/CAE ツール。ジュエリーなどの立体造形物をこのソフトでつくることができます。
昨年開催したFusion360のセミナーは大変好評でした。

そこで、もう少し実践的な学びや交流ができないかと考え、Fusion360勉強会を開催することにしました。

教えてくださるのは、Fusion360などを駆使して新しい工芸アートの世界を築いている「可変金物」作家、坪島悠貴さん。今注目の新進気鋭のアーティストです。

Fusion360で、坪島さんの指導のもとリングのデータ制作を、一緒にやってみようという、贅沢な勉強会です。

CADソフトは色々あります。今回は、ライノセラスやその他のソフトは高額で始めにくいという、デザイナーやアーティストに向けての勉強会です。

-今回学べること-
Fusion360で、リングデザインデータを制作していく手順を、実際にパソコンを操作しながら、やっていきます。

各自あらかじめFusion360のアカウントを取得しダウンロードしたPCをお持ちください。(PCの動作環境が必要です)
そこまでのPCは持っていないという方の、PC無しでの参加も歓迎します!米井のPC1台は解放します。

-30日間無料体験と学生と売上1000万以下の人は無料で使えるFusion360-

学生は3年間、小規模な事業をしている人は無料で使い続けられます。(年間売上高が 100,000 米ドル未満のスタートアップ企業または完全に非営利目的のユーザの場合)詳しくはFusion360のページでご確認ください。

とりあえず30日の無償体験版をダウンロードしてみましょう(PCの動作環境が必要です)
https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/free-trial
学生・教員用 https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/students-teachers-educators

下記サイトよりPC動作環境を確認して、アカウントを取得、ダウンロードしてください
https://autode.sk/2Uk4zpi

(PC動作環境について、参考ページ)
fusion360.info/spec/
https://designneta.com/archives/1544

-クラフトマンとデザイナーのイメージの溝をなくそう!-

デザイナーは平面でクラフトマンに注文をすることが多かったのではないでしょうか?
立体の細かいところまでの意思疎通がうまく行っていない→いまいちのデザインになる。という経験や、クラフトマン側から言わせれば、立体にすると非現実的なデザインである。などの壁にぶつかったことはありませんか?

「立体で対話しようよ」というのが今回の勉強会の一つの提案です。
ライノセラスや3Designなどとも、データを共有して共存していく方向性を探っていきたいと思います。

-アーティストの新しい可能性を引き出すツールとして-

CADソフトが使えると、3Dプリンターデータとしてだけではなく、平面に落としてレーザーカッター等のデータ、CNC切削機のデータにもなります。または、VRデータとして応用していけるようです。

また、近年3Dプリンターの低価格化、機能の発展は目を見張るものがあり、様々な素材での出力が可能になりました。

【坪島悠貴-つぼしまゆうき】

金属造形作家。彫金技法、CADによる設計、3Dプリントなどの技術を組み合わせ「可変金物」と名付けたトランスフォームする金工作品を制作。武蔵野美術大学大学院修士課程卒業。DMM.make等で3Dデータ制作に携わる。近年テレビ出演、取材などを多く受ける今旬のアーティスト。


【主催】
ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)
〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-14-12 TEL 03-3429-8077 FAx 03-3429-8092
シンコーストゥディオ内
Website: https://jewelryaj.org/
Email: mailto:info@jewelryaj.org